HOME >  Dr.コムロのお悩み相談室 >  包茎に関する質問 >  カントン包茎であることのデメリット。また術後にしてはいけないことや注意することはありますか?

男性のお悩みに、専門医 Dr.コムロが直接回答! Dr.コムロのお悩み相談室

包茎に関する質問

カントン包茎であることのデメリット。また術後にしてはいけないことや注意することはありますか?

男性/20代

包茎手術は余分な包皮を切除して吸収糸で縫合するのが一般的です。よって抜糸はありません。なかには術後検診がないので不安に思う人もいると思います。

 

そこで術後ケアをご紹介します。手術当日はアルコール、たばこは厳禁です。それを怠ると血行障害により腫れます。術直後より腫れ予防として弾性包帯による圧迫固定があります。

 

手術翌日よりシャワーはOKです。但し、弾性包帯を巻いてる状態なので、そのままでのシャワーは無理です。コンドームを根元まで覆い輪ゴムで固定します。入浴は10日目より可能です。

 

包帯による圧迫固定は時々解除して数時間様子を見てください。腫れがなければ包帯は必要ありません。吸収糸は自己抜糸は避け自然に抜け落ちるのを待ちましょう。
その方が傷跡はキレイに仕上がります。

  • 無料メール相談

▲ページTOPへ