HOME >  陰茎反転法膣形成術

» 陰茎反転法膣形成術

陰茎の包皮と陰嚢に造膣できるだけの十分な皮膚がある場合は可能になります。

陰茎反転法は、感覚のある陰核形成、陰唇形成、膣形成が1回のステージで行われます。以下の3つに異なる方法があります。

  • 陰茎反転法のみ 長いペニス(15cm以上)
  • 陰嚢の皮膚を用いた陰茎反転法 標準的なペニス(5~15cm未満)
  • S状結腸を用いた陰茎反転法 短いペニス(5cm以下)

手術要件

18歳以上であること。20歳以下の患者様は保護者の承諾が必要です。
性同一性障害の診断がされていなければなりません。
最低1年の抗男性ホルモンまたは女性ホルモンの投与を受けていなければなりません。
精神科医に診断されていなければなりません。

手術方法

  • 尿道、前立腺、膀胱と直腸の間に膣を作成します。
  • 精巣摘出
  • 陰茎を切断
  • 陰茎から尿道を分離
  • 神経と血管とともに亀頭を分離
  • 膣腔を覆うように陰茎皮膚を反転(陰嚢皮膚やS状結腸も使用することがあります)
  • 陰核形成
  • 尿道形成

大陰唇・小陰唇・神経・血管がついた亀頭の一部は陰核になります。そうすることで、陰核には感覚があり、外観もそのままです。尿道の周りの余分な勃起組織は性的刺激を受けると、勃起組織は充血するので、それを避けるために取り除かれます。性的刺激は膣の狭窄を起こしうるからです。

結果

MTFの性別適合手術は1回のステージで済み、以下のようになります。

  • 感覚のあるクリトリス
  • 新たに形成された尿道
  • 陰核形成
  • 大陰唇、小陰唇形成
  • 12~15cmの新たに形成された膣(通常の女性の膣の深さは8~9cm)

手術時間

約3時間

起こりうる合併症

  • 感染症
  • 患部の裂傷
  • 膣狭小
  • 直腸膣瘻

麻酔法

全身麻酔あるいは硬膜外麻酔

施術料金

手術方法 費用
陰茎反転法膣形成術 2,000,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

  • 無料メール相談

▲ページTOPへ