HOME >  ホルモン療法

» ホルモン療法

体的性別とは反対の性ホルモンを投与することで、二次性徴の一部を性自認に一致させようとするものです。つまり、性別違和感を改善し、葛藤を少なくする効果があります。

MTFに対しては女性ホルモンを投与します。

FTMに対しては男性ホルモンを投与します。

ホルモン投与の効果は血液を採取して性ホルモンの血中濃度を定期的にチェックすることにより評価します。
ホルモン療法における血液検査は治療目的の検査です。
投与方法としては注射剤、パッチ剤、経口剤があります。

日本においては注射剤が一般的です。注射剤が最も副作用が少ないのです。なかでも経口剤が一番肝機能障害を起こす頻度が高いです。よって、インターネットで注文して服用していると、知らずに肝機能障害に陥っていることがありますので、注意しましょう。

A.MTF(女性ホルモン療法)の効果

卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンを注射します。

  • 乳房や乳腺が大きくなります
  • 髭や体毛が少なくなります。
  • 頭髪が増え、禿の予防になります。
  • 筋肉の減少により、丸みをおびた女性的な体型になります。
  • 精巣の機能低下に伴い、勃起不全が起こることがあります。

B.FTM(男性ホルモン療法)の効果

テストステロンなどの男性ホルモンを注射します。

  • 変声し、声が低くなります。
  • 多毛になります。
  • 陰核の肥大が起こります。
  • 性欲の亢進があります。
  • 生理が止まります。
  • 筋肉が発達し、男性的な体型になることがあります。

ホルモン療法による効果は個人差があります。

通常は開始後数ヶ月で変化が現れます。また、髭、乳房、排卵への影響は復元に困難を伴います。変声、精巣への影響は数ヶ月以上投与を続けるとほぼ不可逆です。

施術料金

手術方法 費用
ホルモン療法 女性ホルモン(1A) 1,000円
ホルモン療法 女性ホルモン(2A) 2,000円
ホルモン療法 男性ホルモン(125mg) 1,500円
ホルモン療法 男性ホルモン(250mg) 3,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

  • 無料メール相談

▲ページTOPへ