HOME >  陰茎増大術

» 陰茎増大術

太くする陰茎増大術

パワーポール法

パワーポールとは

医療用PLGA(PolyLactic-co-GlycolicAcid)を加工して、新しい組織が形成されるように開発された生分解性高分子支持体である。KAIST(韓国科学技術院)で開発され、KFDA(食品医薬品安全庁)から陰茎増大用として認められた唯一の製品です。

イノポールD

PLGAとは(PolyLactic-co-GlycolicAcid)

体内で乳酸(lactic acid)とグリコール酸(glycolic acid)に分解、吸収され、代謝によって水と二酸化炭素になり、体外に放出されます。非常に安全な高分子物質です。

安全性・有効性

■安全性
ソウル大学臨床病理研究所で行ったパワーポールの臨床試験結果では、全く異常所見は認められませんでした。そして移植された部位に新しい真皮層の形成が確認されました。

■有効性
陰茎増大術が必要な陰茎短小患者らを対象に実施した結果、有効率は88.11%%でした。(有効率判定:陰茎周囲が術前と比較して、1cm以上増加)

施術方法

陰茎の先端近くを環状切開し、包皮を両端まで剥離します。
そこにパワーポールをセットし、再び包皮を縫合します。施術自体は簡単で、1時間で終了します。

イノポールD陰茎増大術「施術方法」のイラスト

アフターケア

  • 入院・通院は不要です。
  • 抜糸は吸収糸を使用しますので、必要ありません。
  • 自動車の運転は施術直後から可能です。
  • シャワーは翌日からコンドーム使用で可能です。
  • 入浴は10日目から可能です。

最大の特徴

イノポールD陰茎増大術ビフォー、アフター

パワーポールは吸収されずに分解し、細胞組織に置き換えられて太くなります。
太いペニスを維持します。

脂肪注入法 (PRP添加)

脂肪注入法 (PRP添加)

PRP再生療法は自己多血小板血漿を指します。血小板には止血作用、修復作用の他に成長因子が発見されました。
この血小板血漿を加えることにより、脂肪の定着率を高め、太いペニスを維持します。

フィラー注入法(ヒアルロン酸・アクアミド注入)

陰茎の包皮下にフィラーを注入します。
当院で扱っているフィラーには、アクアミド(アクアジェル)、高級ヒアルロン酸(エセリス、麻酔入ジュビダーム、subQ)、ヒューマンコラーゲンです。

アクアミド

アクアミドとは、ポリアクリルアミドという高分子と水から構成される無臭・透明なゲル状注入剤です。 これを亀頭冠に注入することにより亀頭の太さをアップさせ、張りと硬さをもたらします。

アクアミド

特徴及びアフターケア

  • 施術時間は10程度です。
  • 入院は不要です。
  • 抜糸はありませんので通院の必要はありません。
  • 性交渉は2週間以降になります。

ジュビダーム (ヒアルロン酸の一種)

ジュビダームはヒアルロン酸の一種で、体内に吸収しても安全なものです。
定着率は1年間程度でFDAも認証しています。安価な料金で亀頭部の増大が可能です。

ジュビダーム

特徴及びアフターケア

  • 施術時間は10分程度です。
  • 入院は不要です。
  • 抜糸はありませんので通院の必要はありません。
  • 性交渉は2週間以降になります。

施術料金

手術方法 費用
パワーポール増大法 400,000円
脂肪再生医療(脂肪幹細胞+PRP) 400,000円
脂肪注入法 200,000円
バイオアルカミド(1本 1cc) 150,000円
アクアミド(1本 1cc) 120,000円
アクアフィリング(1本 1cc) 150,000円
ヒアルロン酸(1本 1cc) 100,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ