HOME >  傷跡修正手術とは

» 傷跡修正手術とは

他院で包茎や亀頭増大などのペニスの手術を受けて、皮がまだ余っていたり、ツートンカラーが目立ったり、傷跡が酷いというお悩みで、ご相談される方が数多くいらっしゃいます。
コムロ美容外科メンズクリニックでは傷跡をキレイに目立たなくする治療が可能です。
また、シリコンボールやワセリンなどの異物を除去する治療の経験も豊富ですので、諦めていたお悩みもお気軽にご相談ください。

傷跡修正手術

目立つ傷跡やツートンカラーの部分をきれいに取り除き、とことん丁寧に縫合致します。
専門家の経験から、どんな状態でも目立たない修正手術が可能です。

治療経験が浅い医師が担当すると、縫合位置が汚かったり、ズレたりする場合があります。その場合、ピンク色と茶色に分かれる「ツートンカラー」になります。
当院の専門医の技術で仕上がりを美しく修正します。

修正可能なペニスの状態

• 包茎治療後に出来てしまった凸凹がある傷跡
• 包茎治療の傷跡の腫れ
• 亀頭直下周辺に部分的・全周に渡り腫れが残る、一部分がくびれている
• 傷跡の焼け焦げの跡
• 縫合ラインがギザギザで目立つ
• 縫合部の糸の跡が残っている
• 傷口が一部開いている
• 縫合部の色素沈着が気になる
• ツートンカラーになっている
• 包皮の切り過ぎ
• まだ皮が余っている
• ニワトリのトサカのようなの亀頭下周辺
• 亀頭直下が締め付けられる
• 不自然な形状になっている
• 包茎手術後のペリカン変形の状態

その他、様々な症状にも個別にご相談承ります。お気軽にお問合わせください。

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ