HOME >  ミニマムカット法

» ミニマムカット法

腫れぼったいまぶたの原因となるものが脂肪ではなく皮膚組織自体が厚い方や、他院で埋没法を行ったが外れて元に戻ってしまった経験のある方にお勧めの方法です。

埋没法が、皮膚と瞼板(けんばん)を点と点で合わせるだけに対して「ミニマムカット法」は外れる原因となる眼輪筋を一部処理し、引き寄せ二重のラインをしっかりと固定。

つまり面と面での癒着を起こさせることにより、ラインが消えてなくなることもない方法です。
埋没法で取れてしまった後、切開法の適応と診断され躊躇している方でも、「ミニマムカット法」の開発によりわずか7ミリ程のカットで傷跡が目立たない自然な二重まぶたが可能になります。

ミニマムカット法、イラストによるご紹介
ミニマムカット法、ビフォーアフター1

まぶたの厚い皮下脂肪を除去し、7mm幅で固定。

ミニマムカット法、ビフォーアフター2

施術料金

手術方法 費用
ミニマムカット法(小切開法) 200,000円
ミニマムカット法+脂肪除去 250,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

  • 無料メール相談

▲ページTOPへ