老後を見据えて

2020年7月7日

コムロメンズクリニックでは、ここ数年で50~60代の方のご来院が急速に増えています。

もちろん理由は様々でしょうが、将来介護施設や病院でお世話になるときに、包茎状態のままだと介護士スタッフや看護師・医師などに迷惑をかけるからという方や、排尿後の残尿が溜まりやすくて臭いが気になる、衛生面が気になるという方などが特に増えています。

これらは、手術を考える方には、とくに積極的な理由になるのではないかと思います。

さまざまな思いをもって人生のけじめとして手術を受けられて、将来に向けて身を整えるという考え方は、とても素晴らしいことだと思います。

もしも今現在、同様のお悩みをかかえて手術を迷っていらっしゃる方がおられれば、気軽に一度カウンセリングに起こしください。

まずはメールでの相談をお待ちしております。

また、手術は夏場はよくないのかという質問を受けます。

しかしながら、包茎手術などに関してましては、特に季節を選ぶことはありません。

恐らくは、細菌の増殖などをイメージしての疑問なのでしょうが、それを言うならば冬場でも汗はかきますし蒸れたりもします。

夏場に転んで擦りむいたり指を切ったりすると、冬場よりも治りが悪いでしょうか??

そのようなわけで、季節の心配はまったくの不要です。

ただ、温泉旅行とかならともかく、海水浴や恋人、夫婦での家族旅行などのご予定があるならば、なるべく1ヶ月以上の余裕をもって包茎手術を考えた方がようでしょう。

旅行に行きながらの禁欲となると、せっかくの旅行のお楽しみも半減してしまいます。

今の時期の包茎手術は、夏休みやお盆にも間に合いますし、夏の旅行に向けても時期的にとくにおススメかも知れません。

仮性包茎の包茎手術は、必ずしも手術しなければならない病気(症状)ではありません。

手術を決める方々の理由は千差万別です。

ただ、大きくは

(1)美容的な理由(見た目など)

(2)衛生面からの理由(亀頭や包皮にブツブツがある・臭いが気になる)

(3)性行為のトラブル(皮がダブつきコンドームが外れるなど)

からの理由に大別ができるでしょう。

 

(1)については、亀頭部が露出した状態になりますから、すべてが劇的に改善しそうです。実際、綺麗に仕上がる手術を受けられた方は人生がバラ色に変化すると言っても過言ではありません。

広告ばかりで技術が伴わない大手のチェーンクリニックに引っ掛からないことだけが肝心でしょう。(中には土日などの週末にしか開院していないクリニックもあるほどです

(2)については、亀頭部が露出した時点でほどんどすべてが解決されます。

包茎特有の異臭はなくなりますし、包皮炎の症状も徐々に改善していきます。

ただし、異臭に関しては、包茎以外の原因によるものもありますので、そちらについては、皮膚科や泌尿器科でさらなる精査の上で治療する必要があります。

(3)自然に剥けた人に早漏はあまりいないことからも明らかではありますが、持続力は一般的には改善はするでしょう。

しかしながら、勃起から射精につながる連鎖は精神的要素も深く関与しており、かなりの個人差は出てしまいます。余った包皮が擦れることからくる痛みや、不快感などははほぼ解消します。

はじめのうちは露出した亀頭皮膚が性行為中の摩擦で違和感を感じる場合などもありますが、これらは遅かれ早かれ消失していきます。

ズル剥けになったペニスに対する自信の効果も計り知れないと言えるでしょう。

美容整形などもそうですが、病気ではない=手術は不要であるということにはなりません。

コンプレックスは、人生におけるさまざまな場面で、意識するしないにかかわらず大きな影響を落とします。

 

包茎でお悩みの方などは一度カウンセリングをお受けになられることをおススメ致します。

まずはお気軽にメールで相談してみてはいかがでしょうか。

 

コムロメンズクリニック


Posted by 包茎 亀頭増大専門 コムロメンズクリニック 東京銀座 大分 宮崎 at 10:54 / 新着情報

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ