真性包茎とは?

2020年7月14日

平常時においても勃起時においても包皮を剥くことができない状態、それが真性包茎です。
日本人にもっとも多い包茎のタイプは「仮性包茎」ですが、コムロメンズクリニックにご来院する患者様は「真性包茎」の方も多くいらっしゃいます。

真性包茎だと、「臭いが気になる」「尿が散らばる」「衛生的でない」など日常生活の問題はもちろん、「勃起すると痛い」「セックスが満足にできない」など性行為などの場面においても支障が出てくるので注意が必要になります。

このような真性包茎は、その見た目だけの問題ではなくいろいろと生活において実害があります。
そのため治療に前向きな方が多く、実際に手術を受けた多くの方からは「剥けるペニスになっただけで生活がまったく変わった」などと笑顔で報告をいただくこともあります。

真性包茎に長年お悩みなら、コムロメンズクリニックにご相談ください。
ベテラン美容外科専門医が、一人ひとりの真性包茎のパターンに合わせて丁寧に手術いたします。

真性包茎のデメリット

真性包茎は、見た目が幼いだけではなく様々な実害が出ます。
なかには病気につながることもあるので、放置せずに出来るだけ早めに治療しましょう。

不衛生

常に亀頭が皮で覆われているのが、真性包茎です 。
お風呂などでもうまく洗えないため、皮の内側は常に蒸れ湿りがちです。
悪臭の発生、汚れの蓄積など不衛生な環境をそのままにしておくと、恥垢(ちこう・カス)が石灰化したり性感染症(STD)に感染しやすくなり、またその病気を性行為などでパートナーなどの大切な人などにうつしてしまう可能性あるので十分にご注意ください。

特にここ最近はクラミジア・淋菌・マイコプラズマ・ウレアプラズマが急速に増えています。

排尿時の支障

真性包茎の方は包皮口が狭いため、うまくオシッコすることができません。
包皮が邪魔をして尿が散らばり、便器や床を汚してしまうこともあるでしょう。

また、皮の内側にオシッコの残りが溜まってしまい、悪臭の原因になることもあります。

掃除の手間を省くためにも、トイレの衛生面でも、早めに真性包茎手術を受けてスムーズな排尿ができるようにしましょう。

セックスでの支障

真性包茎の方は、勃起しても亀頭が露出できません。
そのためセックスしても痛くて射精できなかったり、そもそも勃起しただけで痛みを感じてしまうこともあります。

真性包茎の方は遅漏になりがちですが、それは「亀頭が包皮に覆われているため刺激を感じにくい」ということが原因の一つとして考えられます。
パートナーもご自身も満足できるセックスを行うためには、真性包茎を治療するのが一番です。
もし不妊に悩んでいるご夫婦であれば、邪魔な包皮を除去することで、十分な量の精子が子宮に届くことも期待できます。

亀頭包皮炎などの発生

真性包茎のペニスは、内側に細菌が繁殖しやすい状態です。
亀頭包皮炎などの炎症を起こすリスクが高く、場合によってはその亀頭包皮炎が原因となり、亀頭と包皮が癒着してしまうこともあります。
病気の予防には、できるだけ衛生的な環境であることが第一です。
真性包茎手術で剥けるペニスを手に入れて、いつでも清潔な環境を保ちましょう。

短小・先細り

成長期のペニスが真性包茎だと、包皮により亀頭の発育が妨げられたまま成長してしまいます。
真性包茎をそのまま放置していると、短小や先細りのペニスが完成してしまうのでご注意ください。

コムロメンズクリニックでの真性包茎手術について

コムロメンズクリニックでは、ペニスへのダメージを最小限に抑えながら治療を行います。
また一人一人のペニスの形に合わせて、自然なデザインで裏筋も形成します。(ダブルVカット法)
治療後もご心配なことがあればアフターフォロー診察も受け付けているので、どうぞ安心して私たちにお任せくださいませ。

日常生活や大事なシーンなど、デメリットとても多いのが真性包茎です。
コムロメンズクリニックでは、毎日たくさんの患者様の包茎を治療しています。
真性包茎などでお悩みなら、できるだけ早く治療し、快適な日常を送りましょう。

まずはメールでお気軽にご相談ください。


Posted by 包茎 亀頭増大専門 コムロメンズクリニック 東京銀座 大分 宮崎 at 13:34 / 新着情報

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ