パイプカット手術とは

2017年7月20日

妊娠のリスクを避けるために、いくつかの避妊方法がありますが、簡便な避妊法では、妊娠する可能性を0%にすることはできません。 男性が自分の子供を作る必要がないと固く決断しているのであれば、パイプカットという手術の選択によって、その目的をほぼ100%果たすことができます。 パイプカットとは、睾丸から精子を送り出す精管を閉塞(へいそく)する、男性が受ける避妊手術です。 パイプカットの手術をすることで、精液が全く出なくなるという誤解をしていいる方も少なくありません。 精液とは、睾丸から送り出された精子と、精子に栄養を与え弱酸性の膣で精子の活動を衰えさせない保護液である前立腺液と、精子の運動を促し、子宮を収縮させるホルモン成分が含まれている精嚢分泌液が混合された液体です。 ですからパイプカットをしても、射精時に精液は出ます。 ただその中には、精子が入っていないという事になります。 精液が白く見えるのは、ほとんどが前立腺液の色です。 つまり射精された精液で、見た目や色はあまり変わらないが精子が入っていないのがパイプカットによって射精された精液ということになります。 治療によって性欲や精液の量が大幅に減退する直接的な原因となることはありませんのでご安心して下さい。 妊娠する可能性がなくなるパイプカットですが、手術後の注意点があります。 精子が通る精管を断絶しても精嚢にまだ精子が残っている可能性がるので、20~30回は避妊する必要があります。


Posted by 包茎のお悩みは、コムロ美容外科メンズクリニック 東京銀座 九州大分 九州宮崎 パワーアップコムロ at 11:10 / 新着情報

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ