亀頭のヒリヒリ感はどうなる?

2017年8月31日

包茎だと思うけど、剥く事は出来る。

しかし剥くと痛いと思う事がある。

勃起したら剥くことが出来ない。

自分の包茎の種類は?

包茎手術に興味を持つ方の中には、包茎の種類(状態)を見分ける意味でも自分の身体で痛いという経験がある事から正しく知っておきたいという関心的質問も増えています。

包茎手術を受ける前に痛みを感じないけど治療するという方もいます。

反対に、痛みに耐える生活が苦痛で、開放されたくて手術したいという方も居ます。

今回は、痛いと感じる人に対しての状態の目安をご紹介していきます。

包茎の種類を知りたい方もちょっとした違いの中で、可能性の1つとして御覧ください。

包茎で剥くと痛いのは手術で解放される

おおまかに包茎は仮性、カントン、真性という3種類があります。

それぞれの包茎の状態に特徴があります。

中でも、剥くと痛い人の状態として近い包茎の種類は、カントンや真性である可能性があります。

この2つの状態を手術すると、その後は痛みはどうなのかをご紹介していきます。

包茎を剥くと痛い中でカントンの痛みは解消される

カントン包茎の場合は、剥くと痛いという場合の中でも、陰茎部分の締め付けが痛い状態。

この状態に対しては、包茎手術を行うことで、包皮絞扼輪を解消することが包茎手術で出来るので、手術後に痛くない状態を作ることが可能となっております。

包茎手術は、包茎の種類により解消する工程が変ります。

だからこそ、かんとん包茎だった状態を思い出すような痛みを経験する事はなくなっていくのです。

真性包茎の剥くと痛いは場所による

真性包茎の場合、?くと痛いという声の対象は2つに別れます。

亀頭がヒリヒリして痛い人。

皮が引っ張られて痛い人。

これらの2つの中で、皮が引っ張られて痛い人の悩みは解消されます。

これも包茎手術が包皮口の締め付けを解消しているからです。

しかし、亀頭のヒリヒリする痛みを感じている方の場合は、しばしの時間を要するケースも多いです。

慣れる。

この感覚的な要素を必要とするため、すぐに包茎手術をしたから何もかもがきれいに解消できるとは言えない部分でもあるのです。

痛いと思う気持ちは、年々やはり感度の問題以外でも心配をする気持ちが強まっていくのも患者様の声として多いです。

むかしより痛みに弱くなった気がする。

肝が座っていると思っていたのに、最近は些細な事に痛いなぁと感じる。

こんな言葉を口にしている方も多数いらっしゃいます。

もちろん、包茎手術はペニスを手術するわけですから、怖さもあります。

ですから、包茎手術は経験豊富なコムロメンズクリニックにおまかせください。


Posted by 包茎のお悩みは、コムロ美容外科メンズクリニック 東京銀座 九州大分 九州宮崎 パワーアップコムロ at 14:34 / 新着情報

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ