HOME >  眼瞼下垂修正法

» 眼瞼下垂修正法

元来目の小さい方が、二重まぶたにする手術を受けても目の縦幅自体に劇的な変化はおこり得ません。
目が小さい原因の1つに「眼瞼下垂」が考えられます。
これは眼瞼挙筋というまぶたを引き上げる筋肉の働きが弱い為に起こる症状で、放置しておくと肩凝りや頭痛、弱視の原因となります。

現在、眼瞼下垂の修正法として眼瞼挙筋を縫縮する方法が一般的ですが、その際にまぶたを持ち上げるのを補助するミューラー筋をカットするため、腫れも重度に生じお客様の負担も大きいという事が欠点でした。

しかし当院では従来の方法を用いず、眼窩隔膜を利用するという方法で対応いたします。
この方法は、短時間で済む上に大きな効果が期待できます。
眉毛を上げて上を見るクセのある方や、瞳孔に上まぶたが被さっている方は眼瞼下垂の可能性がありますので、まずは無料診断をお受け下さい。

眼瞼下垂修正法のイラストによるご紹介

眼瞼下垂 体験談(48歳 男性)

『目元が眠そう』と言われ…

瞼が下がっていてよく周りから「目元が眠そうだね・・」と言われてました。

「カウンセリングで肩こりや頭痛の原因が判明。」

ホームページでコムロ美容外科を見つけ、一度カウンセリングを受けることにしました。

そこでまず言われたのが、「肩こりや頭痛などがあるでしょう?」と指摘されました。私は昔から肩こりと頭痛に悩まされてきたのですが、その原因が眼瞼下垂だったのです。 手術をすれば目元の印象だけでなく、肩こりや頭痛、姿勢までも良くなると聞き手術をすることに決めました。

「納得いくまで話し合えた。手術の不安も医師やスタッフが優しくフォロー 」

手術当日、少しの緊張がありましたが先生やスタッフに優しく声をかけてもらい安心して手術を受けることが出来ました。また、仕上がりなど事前に納得いくまで話し合える点で、手術に対しての不安を拭ぎさる事が出来ました。
手術の間は、初めに麻酔をする際のほんの少しチクッとした痛みだけで後は手術が終わるまでの約1時間半、痛みを感じることはありませんでした。

術後1週間は腫れがありましたが、今回は眼瞼下垂を治す為に挙筋を短縮していることや余分な瞼のたるみも取ってもらったので覚悟はしていました。仕事中などはメガネをかけてカモフラージュをしていたので、気づかれなかった方もいたみたいです。しかし抜糸をしてからは腫れも引き、だんだんと気にならなくなりました。

眼瞼下垂修正法+目頭切開 体験談

「本当に手術を受けて良かったです!」

現在、術後3カ月が経ちますが今では腫れも全く目立ちません。肩こりや頭痛がなくなって体が軽くなった気がします。また、何より仕上がりが綺麗で傷口も目立ちません。本当に手術を受けて良かったです。

眼瞼下垂修正法、体験談

保健診療による眼瞼下垂と当院の眼瞼下垂修正術の違いについて

保健診療で行う施術は、眼瞼下垂という病気を治すことを目的としています。
一般的には、伸びてしまった挙筋腱膜を切除しまぶたを吊り上げる術式が用いられます。
あくまでも病気を治すための施術なので、仕上がりについての美的センスは求められません。
当院で行う眼瞼下垂修正術は、二重の幅をご希望の幅に変えたり、タルミを改善し美しい目元にするなど、眼瞼下垂を修正するだけでなく美的要素にも重点を置いた施術を行います。
また、目元の美しさだけでなく、重度の肩こり、片頭痛、猫背なども改善され心身ともに健康な状態になれるのです。

当院には、肩こりでお悩みの方も多く来院されますが眼瞼下垂修正術を受けられた方は、皆さん「肩こりも改善されたて、うれしい!」という言葉を多くいただいております。

施術例

眼瞼下垂修正法、ビフォーアフター1

眠そうな目が目力のある印象に。

眼瞼下垂修正法、ビフォーアフター2

1cm弱のカット創から余分な組織を除去するとともに眼瞼下垂を修正。

眼瞼下垂修正法、ビフォーアフター3
眼瞼下垂修正法、ビフォーアフター4

施術料金

手術方法 費用
眼瞼下垂 + 二重 300,000円
眼瞼下垂 + 二重 + タルミ取り 500,000円

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

    無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

▲ページTOPへ