HOME >  糖尿病型包茎

» 糖尿病型包茎

成人病が引き金となる包茎

包茎の大きな要因としては、両親から受け継いだDNAによって、ペニスの先端部の亀頭を保護するための包皮の量が多く、勃起した状態でも先端が向けない場合、または亀頭が露出するための包皮口が狭くなってしまって、露出できないなど、包茎には先天的な要因が圧倒的ですが、特殊な例として成人病が引き金となってします包茎があります。

包茎を悪化させる糖尿病

糖尿病持ちの患者さんによく見られるのが、ペニスに亀裂のような傷が入っている症状です。これは、糖尿病性亀頭包皮炎という症状で、皮膚が脆くなったことで、ちょっとした摩擦で縦に裂けるような裂傷が生じやすくなります。
なぜ糖尿病だとこんな症状が現れるのかというと、それは末端神経への血行障害が生じているからです。血液がしっかり循環しないことで正常な細胞分裂が行われず、脆くて裂けやすい皮膚になってしまうというもの。

ペニスの皮膚が裂ける

炎症を起こす

細胞が結合して自然治癒する



このサイクルが度々繰り返されることで、ペニスに深刻な症状が現れることがあります。

余分な包皮は状態を悪化させる

成人病の要因となる糖化は、改善されないまま放置されると糖尿病へと繋がっていきます。
糖尿病の症状のひとつである肌の乾燥やかゆみは、血液の循環が滞っていることが原因で、これは体の表面全体に及びます。男性の場合では、亀頭や陰茎を包む包皮にも当てはまります。
高血糖状態では動脈硬化の為に血流状態が悪くなり、包皮に必要な栄養や酸素が行きわたりません。
さらに弾力の無くなった包皮はカサカサになり裂けてしまいます。
包皮や包皮口に裂傷ができると、排尿時にその裂傷に尿がしみて痛みを感じます。
このような状態では、日常生活や性交渉の際も痛みを感じますのでセックス自体が難しくなってしまいます。
さらに、勃起時には露出していた仮性包茎が、弾力を無くした糖尿病型包皮炎を患っている包皮では、勃起しても亀頭が露出することのできない、真性包茎や締め付けを起こすカントン包茎へと悪化することがあります。
さらに包皮先端の開口部である包皮口に裂傷がある場合では、勃起することで包皮の裂傷から出血するようにもなり、事態はより深刻化します。

糖尿病型包皮炎の包茎の治療を引き受けてくれるクリニックは少ない

糖尿病型包茎で手術を希望しても、当然仮性包茎などと異なり難易度が高いために引き受けてくれるクリニックがあまりありません。「当院では難しい」「もうしばらく薬で様子を診てみましょう」
などと言われ、結局手術をしなかったどころか、症状を悪化させてしまった話を聞くことが
あります。
もちろん手術をしないで治ればそれに越したことはないのですが、治らない場合や症状が悪化する場合などは外科的手術が必要になります。
糖尿病型包茎の方で手術を希望される場合などは、経験豊富なコムロ美容外科メンズクリニックにご相談ください。

  • 無料メール相談

▲ページTOPへ